福島城
 
別 名
所在地 長野県小諸市菱平
築城者
築城年
廃城年
現 状 山林
遺 構 郭・石積・土塁
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
主郭 石積
遠景 土塁 虎口
 
 信濃の山城と館では単に丸山として紹介されている。小諸市内の城館を丹念に調べ歩いたこの日はとても暑かったが、標高がある分だけ過ごしやすかった。上信越自動車道に架かる丸山中央橋を渡り東へ道なりに歩くと農道に入る。畑の終わるあたりに丸山への道があった。
 細長く平坦な尾根を注意深く見ていると長い土塁があった。帰路に気づいたが北の尾根には巨岩と土塁を使った虎口もある。8月の藪を抜けてゆくとすぐに主郭へ着いた。南端には江戸時代の観音像と薬師像が仲良く並んでいる。主郭の西に土塁が残るが木々に埋もれていた。それほど期待せずに立ち寄った城跡だったが、その遺構は予想を上回るものだった。
JR小海線・しなの鉄道「小諸」下車 JRバス「高峰温泉」行で「軽石」下車 徒歩30分
2017/08/28 信濃の山城と館/戎光祥出版