別 名 室賀城
所在地 長野県上田市上室賀
築城者 室賀氏
築城年 戦国時代
廃城年 天正12年(1584)
現 状 山林
遺 構 郭・石積・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 室賀氏は源経基の末裔という。鎌倉時代には室賀郷を拠点としていたことが記録に見える。村上氏の勢力が増すとそれに従い上田原の戦いにも従軍し武田軍と戦っている。村上義清が武田信玄に追われると武田氏の傘下となるが武田勝頼が滅んだ後は真田昌幸を盟主とした。しかし仇敵だった昌幸の下風に立つことを嫌った室賀正武は徳川家康の誘いに乗り昌幸暗殺を企むが、家臣の内通により露見し逆に昌幸から酒宴に招かれて殺された。子孫は徳川家に仕えて幕臣となり室賀正俊は徳川綱吉の家老となり上州で7千石を与えられた。
笹洞城 竪堀 腰曲輪
腰曲輪 二の郭跡 主郭跡の石積み
主郭跡 堀切 堀切
連続堀切 室賀氏の墓所 笹洞城から見る室賀郷
 大河ドラマの真田丸で本編終了後に流される名所紹介を見ていると崩れかけた石積が写った。室賀氏の居城と集落の風景を見て即座にここへ行こうと決めた。行き先を決めるときはいつもそんな感じである。笹洞城のことは恥ずかしながら初めて知った。それまでは藪だらけの山だったそうだが大河ドラマの放送に合わせて草が刈られ遊歩道が造られたことを知り行くしかないと思った。
 気がつけば上田駅に来ていたようなものだった。早く着きすぎたので上田城を散策してから千曲川を渡り室賀郷へ向かった。傾斜は緩いが長く続く坂を登りつめると室賀郷である。室賀温泉まで来ると赤い幟の目立つ山があり見当がついた。大河ドラマの影響はありがたいと思った。
 砂に足を取られつつ登った笹洞城は期待以上だった。画面で見た石積が目の前にある充実感は訪れた者にしかわからない。主郭背後の巨大な堀切へ降りてみたが、写真ではその迫力の半分も伝わらないと思う。主郭ではここへよく登るという年配の女性に出会った。地元の人しか知らないような話をしてくれたおかげで改葬される以前の室賀氏の墓がある場所を知ることができた。もう来ることはないと思うが、この日の達成感は今もまだ忘れられない。
JR北陸新幹線・しなの鉄道・上田交通「上田」下車 千曲バス「室賀上組」行で「室賀温泉」下車 徒歩30分
信濃の山城と館/戎光祥出版
2016/04/02