福島城
 
別 名
所在地 長野県小諸市大久保
築城者
築城年
廃城年 天文17年(1548)
現 状 布引温泉こもろ
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
石碑
 
 一泊二日で小諸を旅した。天気が悪かったのと行動範囲が小諸駅周辺に限られたためにそれほど印象に残っていない。小諸城以外は特に遺構も見当たらない城館が多く、車の多い細い道を歩き続けたという記憶しかない。
 桝形城は布引山釈尊寺の寺院勢力に呼応した神興寺が寺を城郭化したことがその成り立ちという。小諸市街地から千曲川を越えた険しい断崖上に布引観音釈尊寺が建っているが、中世は周辺の山々を城郭化した寺院勢力が蟠踞していた地でもある。今は景勝地として別荘や保養施設が数多く建設された。桝形城も保養施設が建設されたため遺構は破壊され石碑が建つのみだった。
JR小海線・しなの鉄道「小諸」下車
小諸市コミュニティバス「いちご平」行で「布引温泉こもろ入口」下車 徒歩1分
2011/08/26 小諸の文化財めぐり/櫟