別 名
所在地 長野県上田市浦野
築城者 浦野氏
築城年 戦国時代
廃城年
現 状 山林
遺 構 郭・石積・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定 上田市指定史跡
評 価
 鎌倉時代からこの地域に蟠踞した浦野氏の居城である。戦国時代の浦野氏は村上義清に従い上田原の戦いで武田信玄と戦っているが、義清が越後へ追われると武田氏に属している。武田氏滅亡後は同じ滋野氏一族の真田氏と行動を共にしておりやがてはその家臣となった。真田信之が松代城主になると浦野氏もそれに従い浦野郷を去った。
浦野城 腰曲輪 馬場跡
馬場跡の石積み 馬場跡の石積み 二の郭跡
二の郭跡の石積み 主郭跡 浦野古墳
 浦野城は美しい紅葉に覆われていた。上田駅からここまでを走っている千曲バスの本数は1時間に1本ある。地方の路線バスとしては本当にありがたい本数だった。城跡へは道標が設置されているおかげで迷うことなく着いている。
 登り始めて15分足らずで最初の郭へ着いた。図面を見ると南面にいくつもの郭があるが耕作地として開墾された可能性がある。広々とした馬場はとても気分が良い空間だった。ここは浦野氏が祭祀施設として使用していた場所だという。馬場を見下ろすように築かれている帯郭は武士たちが祭礼を見守るための桟敷席だったらしい。本当なのかわからないがそう言われるとそう見えてくる。整備されている城ではないが荒々しく積まれた石積が見応えを感じる。二の郭の石積をじっくりと見ながら主郭へ向かったが自分の背丈よりも高い薄が生えているために途中でやめてしまった。十分に時間をかけて遺構を味わってから物見松砦へ向かったが道はかなりわかりづらい。
JR新幹線・しなの鉄道・上田交通「上田」下車 千曲バス「青木」行で「出浦」下車 徒歩30分
信濃の山城と館/戎光祥出版
2016/11/18