福島城
 
別 名
所在地 長野県長野市篠ノ井会
築城者 木曽義仲
築城年 養和元年(1181)
廃城年
現 状 古殿稲荷神社
遺 構 土塁・水堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 長野市指定史跡
備 考
評 価
土塁
 
 横田城はおそらく環濠集落を起源とした城であり、平安時代末期には木曽義仲が拠点としている。応永7年(1400)には信濃守護小笠原長秀が村上氏と戦うため横田城に布陣し、川中島の戦いでも武田軍が兵を置いている。それらの事実からも横田城の持つ地理的な重要性がよくわかった。
 今は宅地化の波に呑み込まれてしまい、住宅地がひしめく中に土塁がひっそりと残るに過ぎない。古殿稲荷神社は土塁の上に祀られ、用水路と化した水堀が残る程度だった。歴史的な重要性から長野市の史跡指定を受けているのは幸いに思う。
JR信越本線・篠ノ井線・しなの鉄道「篠ノ井」下車 徒歩15分
2006/07/15 横田城跡案内板