福島城
 
別 名
所在地 長野県上田市上田原
築城者 武田氏
築城年 天文17年(1548)
廃城年 天文17年(1548)
現 状 石久摩神社・山林
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
石碑
上田原 板垣信方墓 無名将士墓
 
 上田へは何度か訪れているので自然と上田原古戦場跡も歩いている。城館として取り上げるのは気が引けるが、信濃の山城と館に収録されていること、古戦場碑や板垣信方墓の写真を眠らせておくのはもったいないので紹介することにした。
 武田軍が陣取ったのは上田交通の線路から南側で、東山から伸びる尾根とその麓に展開していたらしい。一方の村上義清は須々木城を本陣として軍勢を展開させた。戦いは大激戦となり武田軍の先鋒を務めた重臣の板垣信方が討死するなど両軍ともに名のある武将が戦死している。武田晴信にしてみれば手痛い敗戦となったが、村上義清も精鋭を失ったために武田軍を追撃することはできなかった。
 春先と真夏に訪れているが、いずれも天気が良くて気持ちの良い日だった。夏草に埋もれた墓標やまだ冬の装いが残る初春の上田原の澄み渡った空も印象深い。板垣信方の墓を探し当てたときは夕方近い時間だった。朝から山城をいくつも登り疲れていたので墓のそばに腰を下ろし休憩した。信方はタバコ好きだったという俗説があるので自分もここで一服し、墓の前にタバコを1本供えておいた。
上田交通「上田原」下車 徒歩15分
2006/07/15・2011/08/01・2016/04/02 信濃の山城と館/戎光祥出版
上田原古戦場案内板