別 名 南城・下川原城
所在地 長野県小諸市甲
築城者 与良氏
築城年 戦国時代
廃城年
現 状 南城公園
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 甲斐源氏安田義定の末裔与良氏の居城とされる。歴史についてはそれ以上のことはわからないが大井氏が武田信玄に滅ぼされた後は小諸城の支城として使われ続けたものと思う。
与良城 主郭跡 二の郭跡
 与良城は小諸城の近くにあるので二度立ち寄っている。最初は友人と小諸城へ向かうついでに訪れて二度目は一人で小諸へ一泊旅行をしたときに立ち寄ったがいずれも天気は雨だった。浅間山の近くにある城跡は何度か訪ねているがたいがいは雨模様の記憶がある。この地域独特の気象なのだろうと思うがそれはそれで面白く感じる。
 城跡は南城公園となっているが案内板に目をやっても与良城のことはまったく触れられていない。城跡もかなり破壊されているが大手道と思われる散策路は木々に覆われて多少は城跡らしい雰囲気を残している。巨大な横堀も残っているがこれは小諸城と同様に自然の谷に手を加えたものとも思える。
JR小海線「東小諸」下車 徒歩15分
小諸の文化財めぐり/櫟
2005/07/16・2011/08/25