別 名 伴野氏館・野沢城
所在地 長野県佐久市野沢
築城者 伴野時長
築城年 鎌倉時代
廃城年 天正10年(1582)
現 状 大伴神社
遺 構 郭・土塁・水堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 長野県指定史跡
評 価
 伴野城の歴史は古く鎌倉時代にまで遡る。小笠原長清の六男の時長が伴野荘を与えられたときに築かれた館城であり方形居館の形態をとてもよく伝えている。伴野長泰のときに霜月騒動に連座して伴野一族の多くは誅殺されたが雌伏して再起の時を待った伴野長房が足利尊氏に従ったことで家運を盛り返すことに成功している。伴野城は一族の野沢氏の居城となり野沢城と称されており伴野氏は要害である前山城に居城を移していたが、戦国時代に武田信玄が佐久へ侵攻すると伴野氏は恭順の意を示し天文15年(1546)には捕虜となった内山城主大井貞清が伴野城へ連行されている。天正10年(1582)に武田氏が滅び織田信長も本能寺の変で横死すると徳川家康に属した依田信蕃が差し向けた軍勢が伴野城を攻め落としている。廃城となった後は小諸城主仙石秀久が年貢米の貯蔵庫として利用している。
虎口の土塁 水堀 水堀
土塁と水堀 櫓台上の大伴神社 水堀と土橋
 高校時代の友人と佐久の城を廻った日は生憎の雨模様だった。伴野城に着いたときに曇り空となり雨は上がっていたが人影もなく静かな佇まいを見せる伴野城はとても美しかった。驚嘆するほどの縄張や圧倒されるような遺構があるわけでもないが何とも品のある城だった。
 雨上がりの伴野城を散策するのは気持ちの良い時間だった。しっとりと雨に濡れた木々の青さと曇天の空を映す水堀が美しい。副郭を備えていたという伴野城だが主郭以外はほとんど市街地に埋没している。主郭の土塁は規模が大きく水堀はかなり埋められているが土塁を引き立たせるアクセントとなっている。
JR小海線「中込」下車 徒歩15分
信州の山城/信毎書籍出版センター
2005/07/16