別 名 田野口陣屋・龍岡五稜郭・桔梗城
所在地 長野県佐久市田口
築城者 松平乗謨
築城年 文久3年(1863)
廃城年 明治4年(1871)
現 状 田口小学校
遺 構 櫓・郭・石垣・土塁・水堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 国指定史跡
評 価
 維新の足音も近い文久3年(1863)に松平乗謨が西洋の築城技術を取り入れて築いた稜堡式城郭である。龍岡藩は1万6千石で城主格式を与えられておらず正式には陣屋である。
土塁と水堀 土塁と水堀 土塁と水堀
城址碑 石垣 台所櫓
 五稜郭と聞けば函館を連想するが、実は信州佐久にも築かれている。函館はタワーから見下ろすことができるので星型の縄張を高い位置から見下ろすことができるが龍岡城を俯瞰する場合は戦国時代の田口城へ登らねばならない。季節は夏でずっと雨が降っていたのでそこまではしなかった。
 龍岡城は築城半ばで廃城となったために途中で建設が終わっている。そのため星というより腕を失ったヒトデのような形をしている。西洋式の水堀は見ていて楽しいが幕末の城にはあまり思い入れがないので時間をかけて歩いてはいない。
JR小海線「臼田」下車 徒歩20分
城郭と城下町/小学館・中部の城/小学館
2005/07/16