福島城
 
別 名
所在地 新潟県南魚沼市坂戸
築城者 新田氏
築城年 南北朝時代
廃城年 慶長15年(1610)
現 状 山林
遺 構 郭・石垣・土塁・堀切・水堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 国指定史跡
備 考
評 価
本丸
遠景 水堀 御館 石垣
家臣屋敷 薬師尾根 郭 薬師尾根 堀切
小城と大城 堀切 堀切
本丸 腰郭 本丸 石垣 眺望
 
 一泊二日の行程で師走の新潟へ旅をした。体力と気力が充実しているうちに峻険な山城を登っておきたいと思っていた頃だった。この時期に山梨県の御坂城や箱根の山城を立て続けに登っている。その勢いで坂戸城を攻略してみたいと思い、宿も予約し満を持して乗り込んだが、当日は無情の雨が降り、山頂へ近づくにつれて雨は雪に変わった。
 ここまで来て坂戸城を前に帰るわけにもいかず、麓の御館跡から歩き始めた。石垣を見てもうあきらめようとも思ったが、途中までは登ってみようと山道を行く。比高差は450mを数える険しい山城を悪天候の中で登るのは困難でしかなかった。雨で視界も悪く眺望を楽しむようなゆとりもなく、何も考えずにひたすら薬師尾根を登る。
 坂戸城は上田長尾氏の居城である。新田氏が越後を治めていた南北朝時代にその原型が築かれたというが、その時代は単に天険頼りの要害で城域も実城を中心としたささやかなものだったろう。独立の気風が強かった上田長尾氏だったが上杉謙信が関東管領を拝命すると軍事的圧力で屈服させられている。関東への往路に当たる要衝であり上杉氏の兵力を養う穀倉地帯でもある坂戸城を謙信も重視していたことは明らかである。謙信没後、二人の養子が争った御館の乱でも坂戸城は上杉景勝の有力拠点となり景虎の援軍として越山してきた北条軍の侵攻を食い止める役割を果たした。景勝が家督を継承するとその親衛隊とも言うべき上田衆が組織され樋口氏出身の直江兼続が坂戸城主を務めたが、そのおかげで今も坂戸の街は兼続一色という感じがする。上杉氏が会津へ移封されると堀秀治の家臣堀直寄が3万石で入封するが、この時代に坂戸城の中心は麓の居館周辺に移された。これだけ峻険な山城でもあり戦国時代から起居と政務は麓で行われていたと思うので直寄はそれを踏襲しただけかもしれない。
 登山道を登るにつれて雨と風は次第に強くなり5合目あたりで雪が混じる。弱気になると岩に腰を下ろして一服し自分を奮い立たせてまた登ることを繰り返し、7合目まで来たときはもう山頂を目指すことしか頭になかった。何度か休憩を取りつつも1時間程度で山頂へ着いたが、麓の案内板には山頂まで80分と書かれていたから早い到達だった。最後の岩場を登ると実城が姿を現す。山そのものの要害頼みの城だから技巧的な感じはないが荒々しさは十分に感じた。山頂から下界を見下ろすと寒さを忘れるぐらい感動はあった。霧が濃かったので大城や小城のある尾根には行かず主水郭への道筋も崩落個所があったために訪れていない。霧の立ち込める尾根と雨に煙る六日町の街並みはとても幻想的で鮮やかな色合いはなくモノクロームの風景が広がっている。もう一度行けと言われれば躊躇するが坂戸城の厳かな雰囲気はとても印象深い。ちなみに坂戸城は自分に取って2000城達成の記念となった。
JR上越線「六日町」下車 徒歩1時間30分
2016/12/02 中世城郭事典/新人物往来社
上杉謙信ゆかりの地を訪ねて/新潟日報事業社
熊出没注意