福島城
 
別 名 六万寺城
所在地 新潟県南魚沼市麓
築城者 上田長尾氏
築城年 天文年間(1532〜55)
廃城年 慶長3年(1598)
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
連続堀切
遠景 腰郭 西郭
堀切 二の郭 主郭
堀切 管領塚 眺望
 
 一泊二日で新潟を旅してみた。最初に登ったのは山城の六万騎城である。とても勇壮な名前の城だが寺院の名前にちなむものらしい。五日町駅から麓まで20分程度というのは魅力で、案内板もあり道は整備されているし真冬なので草も枯れている。登り始めて最初の郭までは10分程だった。尾根道は細く斜面に樹木が生えているのでわかりづらいが、細尾根の両側は垂直に近い角度で切り立つ崖である。攻める側は一列縦隊でこの尾根と堀切を越えねばならないから厄介である。主郭跡からの景色はとても美しく坂戸城が朝靄に浮かび上がる姿は幻想的だった。雨上がりで滑りやすいこともあり主郭背後の大堀切を越えたところで六万騎城探訪は打ち切った。
 六万騎城は戦国時代に福島政為が居城としていたという。事跡が伝わらない武将だが長尾政景から一字を拝領していると思われ、やはり上田長尾氏の支城と考えて良いと思う。下山後は大崎集落の城館を訪ねたあと坂戸城へ向かって歩いた。途中に由緒あり気な場所があったので寄ってみると六万騎城の麓で討死した上杉顕定とその家臣を弔う管領塚があった。埼玉県の城を中心に廻っている自分にとって旅先で懐かしい名前に出会えて嬉しいが、顕定はここで無念の最期を遂げたのかと思うと切なくもなる。六万騎城は翌日に訪れた坂戸城よりも個人的な評価は高い素晴らしい山城だった。
JR上越線「五日町」下車 徒歩45分
2016/12/01 上杉謙信ゆかりの地を訪ねて/新潟日報事業社
六万騎城跡案内板
熊出没注意