福島城
 
別 名
所在地 新潟県南魚沼郡湯沢町湯沢
築城者 樋口主水助兼一
築城年 戦国時代
廃城年
現 状 主水公園
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
雪国の碑
 
 一泊二日の南魚沼旅行の最後は予想外の場所を訪ねた。越後湯沢駅で上野方面の新幹線が来るまで1時間ほど時間ができた。駅構内の飲食店でたれカツ丼を食べたが、さすがに米どころで埼玉県で食べるそれよりずっと美味しかった。それでもまだ時間が余っているので駅の観光案内図を眺めていると主水公園という文字が目に入った。何やら気になる名前なので湯沢町Webサイトを調べてみると樋口主水助の館跡ということがわかった。
 越後湯沢駅東口から主水公園までは歩いて5分で着く。石碑があると思い碑文を読めば川端康成の雪国の書き出しの一文である。樋口氏については何も手がかりが得られなかった。樋口氏出身で名高いのは上杉景勝の家宰直江兼続だろう。樋口氏は木曽義仲四天王の一人に数えられる樋口兼光の末裔という。上杉謙信が急逝すると跡目争いで勝った景勝が家督を継承し、樋口与六兼続は名跡が絶えていた直江氏を継いでいる。樋口氏は一族挙げて景勝に味方したが、兼続の叔父にあたる樋口主水助兼一もその一人である。六日町では直江兼続を坂戸城下で生まれたと喧伝していたが、樋口一族の拠点を考えると兼続も湯沢出身ではないかと思える。
 
JR新幹線・上越線「越後湯沢」下車 徒歩5分
 
2016/12/02 Webサイト/湯沢町ホームページ