福島城
 
別 名 鉢ヶ峰城
所在地 新潟県上越市中屋敷
築城者 上杉氏
築城年 南北朝時代
廃城年 慶長12年(1607)
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定 国指定史跡
備 考 日本100名城
評 価
本丸
遠景 千貫門 堀切
本丸 切岸 天守台 大井戸
堀切 三の丸 土塁 二の丸
柿崎和泉守屋敷 林泉寺 伝搦手門 眺望
 
 上杉謙信の居城として名高い春日山城へ着いたときは小雨が降り始めていた。昔の同僚から誘われたおかげで普段はなかなか行くことのない日本海側の城を訪ねることができたのは本当に有意義だった。上越新幹線の沿線ならまだしも上越市は関東から遠く感じる。この日は長野駅から車で春日山城へ向かっている。
 南北朝時代に上杉氏が築いたと伝わるが草創期の春日山城の歴史は明らかではない。守護代の長尾為景が守護の上杉房能を追い落とし、自らが擁立した上杉定実を守護に据えると春日山城は長尾氏の居城となった。しかし春日山城と言えばやはり上杉謙信の居城という印象が強い。足繁く関東に攻め込んだことを考えれば坂戸城に居城を移しても良さそうに思うが、信濃へ兵を入れることを考えれば春日山城の都合がいい。いずれにしても謙信はややもすれば時代遅れの春日山城を動かなかった。家督を継いだ上杉景勝も春日山城を居城としていることを考えると長尾一族には特別な城だったのだろう。景勝が会津へ去ったあとは堀秀治が入ったが相当に不便を感じていたと思う。もっと近代的な城を築こうと考えていただろうが豊臣秀吉の死と上杉征伐が重なり、ようやく直江津に近い福島城の築城に着手したときに秀治は急死した。
 駐車場で車から下り、ふと見上げれば上杉謙信像がこちらを見ている。武田信玄関連の史跡は数多く訪れているが、謙信関連の史跡は川中島ぐらいしか訪ねたことがないのでやっと釣り合いが取れる。石垣を使わない土の城で古式な山城ではあるが、その遺構は十分に目を楽しませてくれた。高田城からの道中では強く降っていた雨も春日山城にいるときは小止みになったので毘沙門天の加護を得られたのかもしれない。
 千貫門から直江屋敷を経て春日山城の中心部へと至るが、郭の大きさは山城とは思えないほど広々としていた。謙信のあとも上杉景勝と堀秀治が居城としているので謙信の時代そのままというわけではないだろうが、雪深い越後の山城ということもあり大規模な改修はされずに謙信時代の縄張りを踏襲していると思う。
 近くの林泉寺には春日山城の搦手門と伝わる山門がある。墓地に上杉謙信や守護代長尾氏、堀氏代々の墓が並ぶ様子は荘厳だった。念願の訪問が叶い満足しつつ山を下ったが、毘沙門天の加護はここで終わったようで、福島城へ移動した頃にはこの日いちばんの強い雨となった。
JR信越本線「春日山」下車 徒歩30分
2013/10/15 中世城郭事典/新人物往来社
上杉謙信ゆかりの地を訪ねて/新潟日報事業社
熊出没注意