福島城
 
別 名
所在地 新潟県上越市五智
築城者 上杉謙信
築城年 弘治年間(1555〜57)
廃城年 慶長3年(1598)
現 状 御館公園
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
石碑
 
 天正6年(1578)に起きた上杉景勝と景虎の家督争いの舞台となった御館はごくありふれた公園になっていた。その成り立ちは上杉謙信が北条氏に関東を追われた上杉憲政を迎えるために築いた館だった。上杉謙信が急死すると甥の喜平次景勝と北条氏から迎えた養子の三郎景虎が家督を争った。いわゆる御館の乱であるが越後を二分する騒ぎとなった。北条氏は景虎の援護に回り景勝は武田勝頼と結んでいるが、結果は景勝の勝利となった。余談になるがこの同盟で北条氏を敵に回したことで勝頼は滅亡を早めたと言える。
 越後の歴史を揺るがした館だが平城であるため遺構は早くから失われている。公園には石碑と図面が記された案内板があるが、人馬が往来した喧噪を感じさせることもなく今は静かで平和な時間が過ぎゆくだけだった。
JR信越本線「直江津」下車 徒歩10分
2013/10/15 上杉謙信ゆかりの地を訪ねて/新潟日報事業社
御館跡案内板