福島城
 
別 名
所在地 新潟県上越市港町
築城者 堀秀治
築城年 慶長12年(1607)
廃城年 慶長19年(1614)
現 状 古城小学校
遺 構 土塁・水堀
移築建造物 石垣
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
石碑
 
 春日山城ではほとんど止んでいた雨は福島城へ着いた頃には本降りになっていた。直江津駅から関川を渡り黒井駅方面へ向かう途中にある古城小学校が福島城跡で、小学校の周囲を用水路となった堀が廻る他はわずかな土塁が残るぐらいでほとんど消滅している。古城小学校の敷地内には石垣の旧材を用いた土壇があり城址碑が建っていた。
 案内板に描かれた縄張図を見ると近世城郭らしく広大な城であったことがわかる。直江津の港に近い商業地を擁した場所で近世の大名の居城としては理想的だと思う。川の氾濫を危惧した松平忠輝が高田城を築いたため、わずか7年しか使用されない短命の城だった。
 
JR信越本線「黒井」下車 徒歩15分
 
2013/10/15 福島城跡案内板