福島城
 
別 名 浦沢城
所在地 新潟県南魚沼市浦佐
築城者 大関氏
築城年 応永28年(1421)
廃城年
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定 南魚沼市指定史跡
備 考
評 価
主郭
遠景 三の郭 二の郭
土橋 主郭 堀切 主郭 土塁
二重堀切 眺望
 
 秋も深まりつつあることを感じ山城へ登りたくなった。関東近郊の山城はほとんど登り尽くした感があるのと少々飽きていることもあり少し遠出をしてみたくなった。何となく新潟の城を訪ねてみたくなり2年ぶりに上越新幹線に乗った。トンネルを抜けて浦佐駅に近づくと霧が立ち込めていた。少し心配になったが霧はすぐに晴れた。
 浦佐城は浦佐駅から目の前と言っていいぐらいの距離にある。登山道の入口までは10分ほどで着くのが嬉しい。そこから特に急な登りや危険な場所もなく20分ぐらいで主郭に着いた。いくつかある案内板を見ても城跡に設置されている案内表示でも郭の名称に喰い違いがあるので画像の注釈は城跡の案内表示に従っている。石垣はないが切り立つような主郭の切岸が強烈な印象として残った。多少の傾斜なら這って登るのだが浦佐城の切岸はとても登れない。まだ草が生い茂っていたため二重堀切は埋もれてしまっていたが歩いてみるとその防御力が実感できた。主郭から遠くを眺めると2年前に登った大崎城、六万騎城が手に取るようだった。その向こうには雨と雪の中で登った坂戸城が見える。
 浦佐城は大関氏が築いたということが案内板に記されていた。下野黒羽城主として大名として存続した大関氏の一族が越後で繁栄していたことが意外に思えた。御館の乱では上杉景勝に味方した清水藤左衛門が浦佐城を守り北条氏の侵攻を防いでいる。それほど大きな山城ではない浦佐城にも秘められた歴史があることを知った。
JR新幹線・上越線「浦佐」下車 徒歩30分
2018/10/23 浦佐城跡案内板
熊出没注意