福島城
 
別 名 雷土城
所在地 新潟県魚沼市板木
築城者 上田長尾氏
築城年 天文年間(1504〜20)
廃城年 慶長3年(1598)
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定 魚沼市指定史跡
備 考
評 価
東尾根 堀切
遠景 西尾根 堀切 主郭 虎口
主郭 東尾根 堀切 眺望
 
 魚沼市と南魚沼市の境界に位置する標高357mの山城である。西尾根の電波塔に車を停めて登山道へと入った。魚沼市では坂木城と呼び、南魚沼市では雷土城と呼ばれている。根古屋は坂木集落にありそうなことと魚沼市の文化財に指定されているので坂木城として紹介する。
 城山へ到達するまでに標高322mのピークをひとつ越えるのだが、このピークが往復ともに厄介だった。10分ほど歩くと最初の堀切があり城域に入る。厳重な二重堀切は垂直にそそり立ち鎖に掴まりながら登った。段郭を経て中心へと続くが、北側斜面には越後の城によく使われている連続竪堀があるらしいが、斜面にびっしりと木が生え揃っていたので見ていない。登山道は尾根の端を登って主郭へ着くようになっているが、往時は馬出を通り折れ曲がるようにして主郭の枡形虎口へ続いていたように見えた。こういった工夫のされ方を見ると戦国時代の終焉近くまで使用されていた雰囲気が感じられる。主郭から二の郭へかけては笹薮が生い茂りとても入れなかったが、藪の中に土塁と本来の虎口があるようだった。北と南の尾根にも厳重すぎるほどの郭を配置しているが、とても下りられるような状態ではなかった。
 東尾根にも鋭角な堀切が連続して守りを固めており、小さな郭を経て尾根道は支城である湯谷城へと続いていく。以上が坂木城の全容であるが、想像していたよりも荒々しく迫力を感じることができる山城だった。これだけの緊張感を感じさせる遺構は御館の乱で北条氏が侵攻してきたときに上杉景勝の指示で改修されたものと考えられている。廃城時期は明らかになってはいないが景勝の会津移封のときと考えて良いかと思う。
JR新幹線・上越線「浦佐」下車 徒歩2時間
2018/11/11 藪神衆の苦悩と誇り:魚沼の戦国事情/新潟日報事業社
上杉謙信ゆかりの地を訪ねて/新潟日報事業社
熊出没注意