別 名 関城・螺城・高陽城・鮫ヶ城
所在地 新潟県上越市本城町
築城者 松平忠輝
築城年 慶長19年(1614)
廃城年 明治4年(1871)
現 状 高田公園
遺 構 郭・土塁・水堀
移築建造物
再建建造物 三階櫓
史跡指定 新潟県指定史跡
評 価
 高田城を築いたのは徳川家康の六男として生まれた松平忠輝である。築城には舅の伊達政宗が尽力し60万石の居城に相応しい規模を持つ城となった。しかし築城から2年で忠輝は改易されてしまい、各地を転々とさせられた挙句に幽閉先の諏訪高島城で没した。改易の理由は粗暴な振る舞いがあったとも家康に嫌われていたからだともいう。歴代藩主は親藩と譜代で固められていたが失政や権力争いに敗れた大名が左遷させられた場所という印象が強い。
外堀とハス 本丸跡の水堀 本丸跡の水堀
本丸跡の虎口 本丸跡の土塁 復元された三階櫓
 友人と春日山城へ向かう途中で高田城へ立ち寄ることにした。近世城郭らしい雄大な縄張で湖のように大きな水堀が広がる。聞けば高田城は東洋一の蓮の名所らしく、外堀は蓮の葉が敷き詰められているようだった。曇天のひんやりとした空気の中を歩くのは気持ちがいい。
 悲運の貴公子松平忠輝に対する先入観もあって何となく寂しげな印象を受ける城である。遺構は堂々としており巨大な土塁には迫力があり、復元された三階櫓は既製品のようには感じられず、独特の装飾と意匠が特筆される出来栄えだと思った。雪国の城は凛としているというか品格を感じさせる城が多いと思う。
JR信越本線「高田」下車 徒歩15分
城郭と城下町/小学館・中部の城/小学館
2013/10/15