福島城
 
別 名 手筒山城
所在地 福井県敦賀市泉
築城者 朝倉氏
築城年 永禄12年(1569)
廃城年 元亀元年(1570)
現 状 金ヶ崎公園
遺 構 郭・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
堀切
遠景 段郭 堀切
物見台 主郭 眺望
 
 金ヶ崎城へ訪れたからには天筒山城へ行かないわけにはいかなかった。金ヶ崎城から進路を東に取り天筒山城へと向かう。2つの城の境界は曖昧だが両者一体の構えと考えればいい。なだらかな山道だったが途中で手すりが設けられた急勾配となる。やがて見事な大堀切が眼前に広がるが、敢えて区別するならここからが天筒山城の範囲と捉えて良いと思う。
 堀切を見て期待は高まったが、それから先は公園といった雰囲気で古城らしさはあまり感じられなかった。展望台とベンチに休憩小屋とトイレが城の中枢に建ち並ぶ。あまり面白みを感じることもなく、主郭から下りた分岐で下山ルートを選択した。実際にはこの先の東尾根上にも堀切がいくつか見られるらしいが、それは旅から帰ってから知った。
 
JR北陸本線・湖西線・小浜線「敦賀」下車 徒歩40分
 
2017/12/04 日本城郭大系/新人物往来社
 
熊出没注意