別 名
所在地 静岡県静岡市葵区駿府城公園
築城者 徳川家康
築城年 天正13年(1585)
廃城年 明治4年(1871)
現 状 駿府城公園
遺 構 郭・石垣・土塁・水堀
移築建造物
再建建造物 櫓・門
史跡指定
評 価
 応永18年(1411)に駿河守護の今川範政が居館を築き、永禄11年(1568)に武田氏が侵攻するまで今川氏累代の居館となった。応仁の乱で京都から逃げた公家や高僧が駿府に移住したこともあり、都の文化が取り入れられた美しい街並みだったという。殷賑を極めた今川氏の文化都市も織田信長という新時代の先駆者によって終わりを告げた。駿河は武田氏と北条氏によって浸食される歴史が続き、信長の時代が風のように過ぎ去ると徳川家康が新たな居城として駿府城を築いた。
 豊臣政権では中村一氏が17万石で駿府城主となるが関ヶ原の戦いが終わると徳川頼宣の居城となった。家康は駿府城に愛着を感じていたようで秀忠に将軍職を譲ると自らの隠居城として選び、大御所政治と呼ばれる支配体制を敷いている。
駿府城 大手桝形 三の丸跡の石垣と水堀
三の丸跡の石垣と水堀 三の丸跡の土塁 二の丸跡の水堀
二の丸巽櫓 二の丸東御門 二の丸東御門
二の丸跡の水路 本丸跡の水堀 本丸跡の水堀
 新婚の頃に家内と静岡へ旅行をした。そのときに駿府城へ初めて訪れている。このときには巽櫓と東御門が復元されていた。完成から2年ほどしか経っていないので真新しさが残っていた。忠実な復元は素晴らしいことだが、灰色で塗装された石垣には疑問を感じた。
 再び駿府城へ訪れたのはは丸子城と持舟城を訪ねた帰りだった。二の丸の水路と本丸の水堀の発掘整備が進んでいた。駿府城には天守台を再建し天守を復元しようとする計画があると新聞で読んだ。今は木造復元しかできない時代だから維持費を考えると大変なので無理して再建しなくても良いと思う。もう決定してしまったが名古屋城天守の木造復元についても僕は同じ考えを持っている。
 三度目はほとんど駿府城は素通りしている。賤機山城へ向かう途中で通りかかったが震度6の地震で崩れた石垣が痛々しく地震発生から2年ほど過ぎたあとで復旧作業の真っ最中だった。石垣ひとつ積み直すにも年単位の歳月が必要なのだから東北や熊本の復興などは途方もない時間と費用がかかるだろう。被災した駿府城を横目にそんなことを考えた。
JR東海道新幹線・東海道本線・静岡鉄道「静岡」下車 徒歩10分
日本城郭大系/新人物往来社・城郭と城下町/小学館
1999/04/30・2007/12/24・2011/02/03