別 名
所在地 静岡県賀茂郡河津町下佐ヶ野
築城者
築城年
廃城年
現 状 山林
遺 構 郭・石積・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 佐ヶ野城についての歴史はまったく伝えられていないが城ヶ平と呼ばれてきたそうなので昔から城跡としての認識はあったらしい。位置的に考えると下田城から中伊豆を経て韮山城へ続く中継地点にあたるので北条氏としか考えられないように思う。これだけ広大な平場を必要とする勢力は北条氏以外の伊豆の土豪には存在しないだろう。
佐ヶ野城 登山道入口 二の郭跡
堀切 主郭跡 主郭跡の石積み
南尾根の堀切 南尾根の堀切 金毘羅神社
腰郭 腰郭の石積み 井戸跡
 河津城に再訪してみたくなったので正月休みに伊豆へ向かった。それだけではもったいないので河津町の最奥にある佐ヶ野城を訪ねることにした。河津城から佐ヶ野集落まで歩いたが、途中に見るものが多く景色も良いためそれほど時間がかかったという感じはしない。
 金毘羅神社の参道入口から登ったが途中で道がわからなくなった。方角はわかっているので谷の突き当りを直登すると城へ着いた。まるで野球場のように広大な郭が広がっている。広々としているだけでそれほどの工夫は感じられないが山頂にこれだけの平場があるとびっくりする。よく見れば石積があり井戸も残っていたし堀切も穿たれている。正直言って誰も攻めては来ないような場所だが多数の人馬を置くにはうってつけの地形である。
伊豆急行「河津」下車 東海バス「河津七滝」行で「下佐ヶ野」下車 徒歩1時間
ふるさと古城の旅/海馬出版
2015/01/05