福島城
 
別 名
所在地 静岡県駿東郡小山町生土
築城者 大森氏
築城年 室町時代
廃城年
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
二の郭 土塁
遠景 腰郭 主郭
主郭 堀切 三の郭 井戸  
 
 雨上がりの生土城跡に登ったのはちょうど紅葉が鮮やかな季節だった。国土地理院の地図を見ながら登山道を目指したが、道は崩落で通行止めとなっていた。仕方なく城山に沿って歩くと神社がある。神社や寺から山へ登る道があることが多いので雲霧神社へ来てみると新しい登山道の道標が設置されていた。新しい道というより旧来からある道が放棄されていたのだろう。
 目に染み入るという言葉はこのことかというほど紅葉が鮮やかだった。弱い陽射しが木の葉を通して山肌を赤褐色に染めている。主郭跡こそ綺麗な平面が出ていたが、他の郭は自然地形に近く堀切もほとんど埋もれかけている。南端の郭まで見たが戦国時代まで使われたとは思えない古い時代の山城という雰囲気だった。
 
JR御殿場線「駿河小山」下車 徒歩35分
 
2012/11/22 日本城郭大系/新人物往来社