別 名
所在地 静岡県御殿場市深沢
築城者 今川氏親
築城年 永正年間(1504〜20)
廃城年 天正18年(1590)
現 状 農地
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 静岡県指定史跡
評 価
 土豪の深沢氏が居城として築いた城だが当時のことは不明な点が多い。戦国時代には今川氏の支城として改修されたが、今川義元が桶狭間の戦いで敗れると今川氏は一気に弱体化し駿東郡は武田信玄と北条氏康が奪い合った。信玄は深沢城を攻めるにあたり金山採掘の技術を応用して攻め落としたという。また矢文で城兵たちの戦意を挫く方策を用いたというが本当なのかはわからない。
城址碑 大手跡の三日月堀 馬出し跡
下馬溜跡 三の郭跡の空堀 二の郭跡の土橋
主郭跡の土橋 主郭跡 土塁
 深沢城は中学1年の4月と2年の11月に林間学校で訪れている。当時も歴史は好きだったが深沢城は石碑の前で記念撮影をしただけで郭を見学することもなく立ち去っている。30年近い月日が流れて学生時代の旧友と足柄峠へ行くことになった。少し薄曇りだったと記憶しているが時々晴れ間も見えた。峠道を下り御殿場へと出たときに深沢城を再訪してみたが石碑は昔と同じで古いままだった。
 ほとんどが水田として利用されている郭を歩いているときにシマヘビを踏みつけた。昼寝をしていたのだろうが悪いことをした。農地とされたために土塁はほとんどが削り取られているが郭のかたちはよく残っている。深沢城は水が豊富なのでたくさんトンボが飛んでいた。ほとんどは俗に言うアカトンボだったが珍しい種類のトンボもいた。気温は上がっていたはずだがこれだけ青々とした空間に身を置いていたおかげで暑さはさほど感じなかった。
JR御殿場線「御殿場」下車 富士急行バス「小山高校」行で「城入口」下車 徒歩15分
日本城郭大系/新人物往来社・静岡の山城べ4スト50を歩く/サンライズ出版
2009/07/19