別 名 牧野原城・牧野城・金谷城・扇城
所在地 静岡県島田市菊川
築城者 武田勝頼
築城年 天正元年(1573)
廃城年 天正18年(1590)
現 状 山林
遺 構 郭・石積・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 国指定史跡
評 価
 諏訪原城は遠江支配の拠点として武田勝頼が馬場信春に築かせた。巨大な丸馬出しと三日月堀が見どころであり武田氏の築城様式の手本のような城と言われてきたが、天正3年(1575)に徳川家康が攻め落として大改修を施した姿が現在の諏訪原城という説が大勢を占めるようになってきた。多少がっかりするが事実はそうなのかもしれない。接収された諏訪原城には松平家忠が配置され毎年のように普請が施されている。家忠は筆まめな人で彼が書き残した家忠日記のおかげで我々は徳川家康の生き生きとした動向を知ることができる。小田原の役が終わり家康が関東へ移封されると諏訪原城はそのまま廃城となっている。
旧東海道の石畳 大手郭跡の空堀 今福浄閑戦死地の碑
三の郭跡の土橋 三の郭跡の空堀 三の郭跡の土橋
馬場跡 三の郭跡の三日月堀 三の郭跡の土塁
二の郭跡の空堀 二の郭跡 二の郭馬出し跡
主郭跡の空堀 主郭跡の土橋 主郭跡の土塁
天守台跡 主郭跡の石積み 井戸跡
 最初に訪れたのは高校時代の旧友と一緒のときだった。青春18きっぷで東京駅から普通列車を乗り継いで訪れている。冬晴れの寒い日で帰宅してからは喉をやられてしばらく声が出なかった。二度目も正月の晴れた日だったがそれほどの寒さはなかったと記憶している。
 静岡県の城らしく茶畑になっていたが、国の史跡となり発掘調査が進み少しずつ整備されてきた。昔はなかった真新しい案内板が建ち密林のようだった堀底も樹木が伐採されて見やすくなった。諏訪原城にいると自分が小さくなったような錯覚を覚えるぐらいに巨大な遺構が続くが、こんな経験ができる城跡はそれほど多くないと思うし地形図でも巨大な堀がはっきりとわかる。何といっても外堀に構えられた丸馬出と三日月堀が素晴らしいの一語に尽きる。堡塁という言葉を具現化したような姿は戦国時代の戦い方を体感できるようだった。一面が茶畑にされたおかげで土塁などは低く削られているようだが基底部の幅は立派だった。自分が訪れたあとも整備が進んでいるようなので今はさらに見応えが感じられるようになっているものと思う。
JR東海道本線「金谷」下車 徒歩30分
日本城郭大系/新人物往来社・ふるさと古城の旅/海馬出版・静岡の山城ベスト50を歩く/サンライズ出版
2006/01/07・2012/01/02