別 名 雲霧城・松尾城
所在地 静岡県掛川市掛川
築城者 朝比奈泰能
築城年 永正9年(1512)
廃城年 慶応4年(1868)
現 状 掛川公園
遺 構 櫓・御殿・郭・石垣・土塁・水堀
移築建造物
再建建造物 櫓・門
史跡指定
評 価
 掛川は遠江の要衝であり朝比奈氏が掛川古城を築いていた。永正9年(1512)に今川義忠の重臣朝比奈泰煕が新たに築いたのが掛川城である。桶狭間の戦いで今川義元が戦死すると領内は混沌とし今川氏真は駿府館から朝比奈泰朝が守る掛川城へ逃げたが、包囲した徳川家康の和議を受け入れて掛川城を退去した。家康が関東へ移封されると豊臣秀吉の家臣山内一豊が5万石で入城した。一豊は掛川城を天守を備える近世城郭へ改修している。関ヶ原の戦いで一豊が土佐一国を与えられると掛川城は譜代大名の居城として幕末まで続いている。
天守と太鼓櫓 復元された大手門 太鼓櫓
二の丸御殿 二の丸跡の石垣 三日月堀
十露盤堀 竹の丸跡 番所
 ちょうどこのときに大河ドラマで山内一豊を題材とした大河ドラマが放送されていたときだったので観光客が多かった。木造復元された天守は掛川駅からもよく見えるし、城下町らしい落ち着きがあり綺麗な街だと思った。
 遺構はかなり失われてしまっているが、太鼓櫓や二の丸御殿は現存遺構としての風格があった。天守は眩いばかりの美しさだったが、復元事業で山内一豊時代の石垣が破壊されてしまったのはあまり知られていない。竹の丸は市街地から外れていることもあり気品を感じる。復元された水堀はお世辞にも良い出来栄えとは思わなかったが、復元された大手門や移築された番所など見どころは豊富だった。
JR新幹線・東海道本線「掛川」下車 徒歩7分
日本城郭大系/新人物往来社・城郭と城下町/小学館
2006/01/07