別 名 天王山城
所在地 静岡県掛川市掛川
築城者 朝比奈泰煕
築城年 文明5年(1473)
廃城年 永正10年(1513)
現 状 龍華院
遺 構 郭・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 今川氏の重臣朝比奈泰煕が築いた城である。国人領主の抵抗がひと段落すると信濃の小笠原氏が遠江へ侵攻する構えを見せたため朝比奈泰能の時代に現在の掛川城が完成し古城はその出城となった。没落寸前の今川氏真は掛川城へ逃げ込んだが、それを追う徳川家康は掛川古城に本陣を据えている。
土塁 徳川家光霊廟  
 掛川城を見終えたあとは龍華院のある丘に上がり掛川古城を訪ねた。ほとんどの人は掛川古城までは訪れないようで、この日も自分と友人の二人だけしかいなかった。龍華院の入口に標柱があり寺の案内板にも掛川古城のことが書かれている。遺構は意外にもよく残されており土塁と巨大な堀切が残っている。
JR新幹線・東海道本線「掛川」下車 徒歩20分
日本城郭大系/新人物往来社
2006/01/07