別 名
所在地 静岡県駿東郡長泉町南一色
築城者
築城年
廃城年
現 状 農地
遺 構 郭・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 戦国時代には長久保城を廻り今川義元と北条氏綱が激しく争い、ここに武田信玄が加わりさらに抗争は激化したが、一連の戦いでも南一色城は登場してこない。地形的な制約もあるだろうが北条氏ならもっと大きな城を築くだろうし武田氏であれば台地基部に巨大な丸馬出しでも設けそうなものである。
主郭跡 主郭跡の土塁 主郭跡の土塁
主郭跡の虎口 堀切 二の郭跡
 長久保城を訪ねたあとは南一色城へ立ち寄った。歴史は明らかでも遺構の大部分が破壊された長久保城とは反対に遺構がよく残るが、南一色城の歴史はまったく伝えられていない。一面が畑になっていたが遺構は概ね完全に残されている。
 畑では大勢の人が農作業中だった。他人の土地に入るわけだから挨拶をして城の見学を申し出ると快く許可してくれた。開墾されているが台地縁の土塁は手つかずで残っているし特に虎口の土塁は巨大で力強いものだった。いつまでもこのままの姿を保ってほしいものだが歴史の裏付けがない城はいとも簡単に破壊されてしまうので心配ではある。
JR御殿場線「長泉なめり」下車 徒歩25分
日本城郭大系/新人物往来社・ふるさと古城の旅/海馬出版
2009/03/29