別 名
所在地 静岡県三島市山中新田
築城者 北条氏康
築城年 永禄10年(1567)
廃城年 天正18年(1590)
現 状 国史跡山中城跡
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 国指定史跡
評 価
 北条氏の築城技術の集大成として箱根の入口に築かれた巨大城郭である。急造の城ではなく豊臣軍の来襲に備え堅牢に築かれた要塞だったにも関わらずたった半日で落城してしまった。呆気なく落ちてしまったと思われがちだが、城兵の抵抗も凄まじく豊臣軍の先鋒を務めた一柳直末が討死している。古参の家臣だった直末の死に秀吉は亡骸に取りすがり号泣したという。
岱崎出丸跡の畝堀 岱崎出丸跡の空堀 岱崎出丸跡の擂鉢曲輪
東海道 三の丸跡の空堀 田尻ノ池
二の丸跡の空堀と櫓台 北の丸跡の土塁 本丸兵糧庫跡
本丸天守台跡 本丸跡の障子堀 西の丸の溜め池跡
西の丸跡の障子堀 西の丸跡の障子堀 山中城からの眺望
 歴史が好きな職場の後輩と山中城を訪ねた。実は自分も山中城は一度も訪れたことがなかったので見たいという気持ちが強かった。三島駅までは新幹線は利用せず、東京駅から東海道本線で訪れている。三島の駅前で少し時間を潰し元箱根港行きのバスに揺られながら国道1号線を走る。停留所で下りればもう山中城なので楽だった。
 北条氏康が箱根の守りとして築いた山中城は東海道を城内に取り込むという北条氏らしい技法が用いられている。北条氏が改修した城にはよく見られるやり方であり、山梨県の御坂城や群馬県の長井坂城などがよく知られている。箱根周辺の北条氏の城はあまりたいした城は残されていないが、山中城だけは十分に満足ができる遺構と規模を持っている。
 確かに公園化されている印象はあり二の丸の土塁は整いすぎて古城という雰囲気は感じない。本丸も似たような印象だが雑木林となっている空堀は整備されておらず迫力が感じられる。西の丸からは山中城の象徴である西櫓の障子堀へ足を運んだ。整備を受けているとはいえ間近で見ると見事なものだった。
JR東海道新幹線・東海道本線「三島」下車 沼津登山東海バス「元箱根港」行で「山中城址」下車 徒歩1分
日本城郭大系/新人物往来社・ふるさと古城の旅/海馬出版
2008/09/14