別 名 杜若城・久窪城
所在地 静岡県沼津市根古屋
築城者 北条早雲
築城年 長享元年(1487)
廃城年 慶長12年(1607)
現 状 穂見神社
遺 構 郭・石垣・土塁・空堀・水堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 国指定史跡
評 価
 北条早雲がまだ伊勢新九郎盛時と名乗っていた頃に今川氏から与えられた領地に築いた城とされる。甲相駿の同盟が取り交わされるまでは北条氏、今川氏、武田氏がこの一帯を激しく争ったが、今川氏滅亡後は長期間に亘り武田氏の支配するところとなった。武田勝頼が滅ぶと徳川家康の統治した時代を経て豊臣秀吉の家臣中村一氏の支城となる。江戸時代初期は天野康景が1万石で城主となるが天領の農民を斬った家臣を庇った康景は出奔し改易となり興国寺城は廃城となった。
三の丸跡 二の丸跡 本丸跡
本丸跡の土塁 本丸跡の礎石 本丸跡の石垣
大堀切 北曲輪跡 清水曲輪跡
 興国寺城は冬の二度訪れている。正月に堀切を歩いていて蚊に刺されたことがあり、さすがに静岡県は温暖だと妙に感心した。二度目は小学生だった娘が水族館に行きたいというので沼津の深海魚水族館へ行った帰りに訪れた。
 整備が進んで三の丸周辺は往時に近づいた感じがあった。肝心な場所が道路や新幹線の軌道となって復元が難しいのが残念だが、近世初期まで使われた城だけあって土塁は立派である。北条早雲がはじめて城持ちとなった城であるが、早雲時代の城のかたちはわからない。この日は寒い一日だったが富士山がとても綺麗だった。城跡まで無邪気についてきてくれた娘との時間が昨日のことにように思い出される。この日が二人きりで遠くへ出かけた最後の旅となった。今も興国寺城のことを思い出すと切なさと嬉しさが入り混じる。
JR東海道本線「原」下車 富士急バス「東名沼津」行で「東根古屋」下車 徒歩3分
日本城郭大系/新人物往来社
2005/01/03・2012/12/25