別 名 龍城
所在地 静岡県伊豆の国市韮山韮山
築城者 北条早雲
築城年 延徳3年(1491)
廃城年 慶長6年(1601)
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・堀切・水堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 伊豆の国市指定史跡
評 価
 韮山城は北条氏にとって家祖早雲以来の由緒ある城だが、それ以前から堀越公方に仕えた武士の城が築かれていたともされる。北条氏と言えば小田原城が浮かぶが、早雲が没したのは韮山城であり北条早雲という名乗りも在世中は一度も用いていない。北条氏にしてみれば神聖な城であり一門が城主を務めいくつもの砦を従えた大規模な城となった。天正18年(1590)に豊臣秀吉が送り込んだ大軍が韮山城を囲んだが、城を守る北条氏規は見事な防戦をして最後は徳川家康の説得に折れて開城している。徳川家康の家臣内藤信成が居城としたが関ヶ原の戦いが終わるとこの堅城も役目を終えた。
城池と韮山城 三の丸跡の水堀 三の丸跡の土塁
東側斜面の腰郭 権現曲輪跡の虎口 権現曲輪跡
二の丸跡 堀切と土橋 本丸跡
南曲輪跡 堀切 韮山城からの眺望
 北条早雲がこよなく愛した韮山城は10倍以上の豊臣軍を相手に3ヶ月余り持ちこたえた堅城だが、実際に訪れてみると想像していたよりも小さな城だった。韮山の街は静かでとても良い雰囲気がある。戦国時代の史跡だけではなく源頼朝旗挙げの地としても知られている。言うなれば武士の時代の扉を押し開き、同時に終焉を迎えた土地でもある。城池の向こうに眺める韮山城がとても好きになり、9年ぶりに再訪したときは小学生の娘を連れてきた。城池のほとりにあるベンチで鯛寿司を頬張る彼女が今も目に浮かぶ。地元の白い猫がとても懐いてくれて韮山城から離れるまでそばにいてくれた。
 主郭から眺めるとのどかな風景が広がる。北条時政の館から頼朝の軍勢が攻め込んだ山木判官の館まではとても近い。今では想像もつかないが紛れもなくここは武家政権が産声を上げた土地なのである。韮山城の遺構も期待通りで立派な土塁と堀切を備えていた。あまり観光地化されていない土地は落ち着いて散策ができるので嬉しい。何度でも訪れたいと思う場所のひとつだし城跡で無邪気に猫と遊ぶ娘の姿が忘れられない。あの時間はいつまでもいつまでも忘れない。
伊豆箱根鉄道「韮山」下車 徒歩15分
日本城郭大系/新人物往来社・静岡の山城ベスト50を歩く/サンライズ出版
2004/05/02・2013/02/23