別 名 鵜島城
所在地 静岡県下田市三丁目
築城者 北条氏
築城年 天正16年(1588)
廃城年 慶長6年(1601)
現 状 下田公園
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 下田市指定史跡
評 価
 天正16年(1588)に北条氏と豊臣氏との間の緊張が高まった頃に築かれたとされる。北条氏が最先端の技術を投入して築いた下田城は純然たる水軍の城としてはおそらく日本最大級だろう。山中城などに見れる畝堀や岩盤を砕いた堀切など随所に見どころが多いが、城跡としての整備がされているとは言い難く素晴らしい遺構は草に埋もれている。
 天正18年(1590)に下田城は長宗我部元親や加藤嘉明に加えて毛利水軍に攻囲されたが清水康英はたった6百の兵で1ヶ月近く奮戦した。康英は一命を許されて河津で隠棲したが翌年に病死している。下田には徳川家康の家臣戸田忠次が5千石で入ったが下田城は廃城となり忠次は海善寺付近に陣屋を構えており江戸時代は下田奉行所が支配した。
下田城 城址碑 北尾根の郭跡
天守台 主郭跡 土塁
横堀 切り通し 土橋と障子堀
障子堀 堀切 堀切
居館跡 下田港 下田海中水族館
 下田へは小さい頃に家族で2度来ており30代のときには幼なじみと泊りがけで来ている馴染み深い街である。自分が結婚して子どもが生まれてからも美しい風景と海を見せてやりたくて2度訪れている。城跡としても大変に気に入ったが下田海中水族館と磯遊びができる環境も良い。シーズンでなければ水は透き通り船着き場を歩いていてもいろいろな海の生き物を見ることができる。
 前述の通り下田城は公園となっているが城跡としての整備はほとんどされていない。山中城にも負けないぐらいの畝堀も草に埋もれている。そのため遊歩道を歩いているだけでは下田城の素顔は見られない。尾根に登り藪をくぐってはじめて確認できる遺構がたくさんある城で冒険心を掻き立てられる城でもあった。
伊豆急行「下田」下車 徒歩25分
日本城郭大系/新人物往来社・中世城郭事典/新人物往来社
2002/09/22・2009/04/03