福島城
 
別 名
所在地 静岡県沼津市内浦長浜
築城者 北条氏
築城年 戦国時代
廃城年 天正18年(1590)
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定 国指定史跡
備 考
評 価
段郭
遠景 三の郭 堀切 三の郭 土塁
二の郭 堀切 主郭 土塁 眺望
 
 家族旅行で西伊豆へ出かけたときに宿から近いので長浜城へ訪れた。発掘調査の最中で見事な石垣が見えたが、調査員に聞くと別荘があったときの名残ということだった。岩盤削ったような堀切があり、低い土塁が廻らされている。いちばん見応えを感じたのは海に突き出した尾根上の段郭の姿だった。
 小さな城ではあるが、水軍の根城というのはあまり見たことがなかったので興味深く歩いた。この後に国の予算が下りていろいろと復元がされたようだが、写真で見る限りではそれほどの魅力を感じず再訪はしていない。
 
JR東海道本線「沼津」下車 東海バス「大瀬岬」行で「城下橋」下車 徒歩5分
 
2010/08/23 日本城郭大系/新人物往来社
ふるさと古城の旅/海馬出版