別 名 三枚橋城・観潮城
所在地 静岡県沼津市大手町
築城者 武田勝頼
築城年 元亀元年(1570)
廃城年 明治元年(1868)
現 状 中央公園
遺 構 石垣
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 沼津城の前身は戦国時代に武田勝頼が築いた三枚橋城である。近世城郭らしい縄張りの沼津城と違い三枚橋城は狩野川に面した水軍統轄の城だったという。江戸時代初期に大久保忠佐が三枚橋藩主となったが無嗣断絶となり廃城となった。三河以来の大久保家の改易に憤懣やるかたない思いをぶつけたのが忠佐の弟忠教が講談で有名な大久保彦左衛門のことである。江戸時代中期の安永6年(1777)に水野忠友が三枚橋城跡に沼津城を築き幕末まで水野氏の居城となった。
案内板 レリーフ 復元石垣
 明治維新まで存続した沼津城はほとんど遺構が失われている。それでも市内の工事現場で石垣が発掘されることがあり、石の積み方から三枚橋城の石垣として移築保存されている場所がいくつかある。時代が平成に移った頃はまだ沼津城の石垣が狩野川沿いに残されていたらしい。それも中央公園の建設で破壊されてしまい城跡としての沼津城は地上から消えた。当時の沼津市長は石垣の保存にまったく関心を示さなかったという。明治初年まで完全に残っていた城だがここまで徹底的に破壊された例は珍しい。沼津へは何度か訪れており沼津城へも2度立ち寄っているがまったく感慨がないというか印象に残るものはなかった。
JR東海道本線「沼津」下車 徒歩10分
日本城郭大系/新人物往来社
1999/04/29・2012/12/25