福島城
 
別 名 発端丈山城
所在地 静岡県沼津市内浦重須
築城者 畠山国清
築城年 正平16年/康安元年(1361)
廃城年
現 状 山林
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
遠景
 
 鎌倉公方への反発から挙兵した畠山国清が築き、弟の畠山義煕に守らせたのが三津城だった。標高410mの発端丈山が城跡だが、南北朝時代の山城でもあり明確な遺構はないらしい。伊豆の山城で立派な遺構を残すのはわずかで、ほとんどは険しい山を要害として利用しただけの自然地形に頼った城が多い。戦国時代に北条氏が三津城の北尾根に新たな城を築いたとされ多少の遺構があるという。
 
JR東海道本線「沼津」下車 東海バス「大瀬岬」行で「城下橋」下車 徒歩1時間30分
 
2010/08/23 日本城郭大系/新人物往来社
ふるさと古城の旅/海馬出版