別 名 重須城
所在地 静岡県沼津市内浦長浜
築城者 北条氏政
築城年 天正7年(1579)
廃城年 天正18年(1590)
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定 国指定史跡
評 価
 武田勝頼が築いた三枚橋城に対抗するために北条氏政が重須湊に築いた水軍の拠点が長浜城である。天正8年(1580)には両軍が駿河湾で海戦をしているが戦いの帰趨はよくわかっていない。下田城のような規模こそないが当時は北条水軍の大将格だった梶原景宗が配置されていることからも長浜城の重要性が感じ取れる。小田原の役では豊臣の大軍が長浜城にも押し寄せたが戦うことなく開城となった。
長浜城 堀切 三の郭跡の土塁
堀切 主郭跡 主郭跡の柱穴
虎口 腰曲輪 長浜城と重須湊
 家族旅行で西伊豆へ出かけたときに宿の近くにあった長浜城へ訪れた。近いといっても8月の炎天下である。家内に日傘を借りてうだるような暑さの中を一人で訪ねてみた。クマゼミの鳴き声と夏草の生い茂る中をひと通り回り家族の待つ宿の前の浜辺へと戻った。2日目の朝は家族揃って長浜城を訪れているが、まだ小学生だった娘は城跡の段差をぴょんぴょんと登っては降りてバッタやセミを探していた。
 ちょうど発掘調査の最中で見事な石垣が見えたが調査員に聞くと別荘があったときの名残ということだった。岩盤削ったような堀切があり低い土塁が廻らされている。いちばん見応えを感じたのは海に突き出した尾根上の段郭の姿だった。小さな城ではあるが水軍の根城というのはあまり見たことがなかったので興味深く歩いた。この後に国の予算が下りていろいろと復元がされたようだが写真で見る限りではそれほどの魅力を感じず再訪はしていない。旅館から日傘を差してここまで来たが海に浮かぶヨットがまるで当時の水軍の舟のようだった。
JR東海道本線「沼津」下車 東海バス「大瀬岬」行で「城下橋」下車 徒歩5分
ふるさと古城の旅/海馬出版・静岡の山城ベスト50を歩く/サンライズ出版・長浜城跡案内板
2010/08/23