別 名 徳之一色城・亀甲城・亀井城
所在地 静岡県藤枝市田中
築城者 馬場信春
築城年 永禄13年(1570)
廃城年 明治元年(1868)
現 状 西益津小学校
遺 構 郭・石垣・土塁・空堀
移築建造物 二重櫓
再建建造物
史跡指定 藤枝市指定史跡
評 価
 室町時代に一色信茂が築いた徳之一色城が田中城の原型である。永禄13年(1570)に駿河へ侵攻した武田信玄の家臣馬場信春が接収し改修を施すと山県昌景が城将を務めた。この時代に丸馬出と三日月堀を多用した武田氏特有の縄張りに改められている。
 武田氏が衰退すると田中城は徳川家康の手に落ち家康が関東へ移封されると中村一氏が城番を置いた。天下が豊臣氏から徳川氏へ移ると田中城は譜代大名の居城として明治維新まで存続している。豊臣秀頼を滅ぼした家康は元和2年(1616)に田中城に立ち寄り茶屋四郎次郎の饗応を受けた。このときに食べた鯛の天ぷらで食傷し死んだという。
土塁 土塁 土塁と三之堀跡
二之堀 石垣 石垣
土塁 三日月堀跡 三之堀
本丸跡 武家屋敷跡の石垣 下屋敷二重櫓
 楕円形をした田中城は市街地化によって遺構の大半は失われているが、その特殊な形状を一度は確かめたいと思っていた。航空写真で見ると少しは同心円状の縄張を持つ田中城の面影は残っている。今川氏が築いた徳之一色城がその原型であり、
 ほとんど失われかけたとは聞いていたが、土塁は街の至るところに残っていた。石垣が積まれていたようで残石も見られる。保存されている水堀はとても美しい景観を保っていた。平城でこれだけ遺構があれば見る価値はあると思う。水堀と土塁を頼りに城の痕跡をたどりながら歩いていると最初にいた場所へ戻った。そのときに円形の城ということを実感できたのが面白かった。
JR東海道本線「西焼津」下車 徒歩25分
日本城郭大系/新人物往来社・静岡の山城ベスト50を歩く/サンライズ出版
2012/01/02・2014/01/03