別 名 用宗城
所在地 静岡県静岡市駿河区用宗城山町
築城者 一宮元実
築城年 天文年間(1532〜55)
廃城年 天正10年(1582)
現 状 山林
遺 構 郭・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 戦国時代に今川氏の家臣一宮元実が持舟城を築いた。当時は眼下に駿河湾が迫り名前の通り軍船が停泊した水軍の拠点だった。実際に武田信玄が持舟城を手中に収めると水軍の将向井正重が城将となっている。駿府への入口を扼する持舟城では徳川家康と武田氏が激しく争ったが武田勝頼が織田信長に滅ぼされたことで廃城となった。
持舟城 主郭跡 腰曲輪
堀切 浅間山砦 持舟城から見る太平洋
 師走だったが静岡県は関東ほど寒くない。用宗駅で下りるとすぐ近くに持舟城が見えた。戦国時代の用宗駅付近は海岸線であり軍船が停泊する船溜りがあったという。今では海岸線ははるか遠くに見える。思ったよりも急な坂道で息を弾ませ登ると朽ち果てた寺があった。寺の名前は覚えていない。今にも倒れそうな本堂とは不釣り合いの立派な持舟城の石碑が建っていた。静岡県の山や丘陵に築かれた城は茶畑やミカン畑にされてしまい土塁が残らないことが多い。持舟城も僕が見た限りでは土塁は失われていたように思う。
 真冬でも藪がひどい持舟城の主郭跡へ登り荒れ果てた本堂の裏へ下りてみると大きな堀切があった。これを見ただけで十分満足し達成感を味わえた。それ以外は畑になり立ち入ることが難しそうだった。荒れ寺は今は取り壊されて新しい本堂が建設されている。
JR東海道本線「用宗」下車 徒歩15分
日本城郭大系/新人物往来社・ふるさと古城の旅/海馬出版
2007/12/24