別 名
所在地 静岡県静岡市清水区蒲原
築城者 蒲原清実
築城年 南北朝時代
廃城年 天正10年(1582)
現 状 山林
遺 構 郭・石積・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定 静岡市指定史跡
評 価
 南北朝時代に蒲原氏が築いたとされる。戦国時代は今川氏に仕えた飯尾乗連が守っていたが今川義元が戦死した後に駿河へ侵攻した武田信玄と北条氏政との間で蒲原城を廻る攻防が展開されている。北条新三郎氏信が守る蒲原城へ武田軍が襲い掛かったのは永禄12年(1569)の暮れのことだった。城兵は玉砕し信玄自ら陣頭指揮を執り蒲原城は改修されたという。天正10年(1582)になると斜陽の武田氏は立ち直ることができず蒲原城も攻め落とされ廃城となった。
蒲原城 土塁 石積み
腰曲輪 石積み 善福寺曲輪跡
善福寺曲輪跡 堀切 主郭跡
北条新三郎の碑 蒲原城からの眺望 蒲原宿
 師走の晴れた日に駿河の城を廻った。青春18きっぷを利用して東京駅から普通列車を乗り継いで新蒲原駅まで来ている。今ならおそらく新幹線を利用するだろう。昔は普通列車の乗り継ぎはそれほど苦ではなかったが少しずつ長旅が苦痛になってきている。新蒲原駅から蒲原城までの距離感がよくわからないので往路はタクシーを使ったが初乗り運賃程度で着いたと思う。案外近いことがわかったので復路は歩いて駅まで戻っている。
 蒲原城はとても整備が行き届いている。真冬で雑草が少ないこともあるだろうが主郭と善福寺郭は特に見やすく整えられていた。主郭から見る富士山と太平洋がとても綺麗な城でとても血生臭い攻防があったとは思えない。しかしそれを裏付けるように主郭には玉砕した北条新三郎の墓が恨めし気に建っていた。
JR東海道本線「新蒲原」下車 徒歩25分
日本城郭大系/新人物往来社・戦国北条五代/学研
2007/12/24