別 名
所在地 静岡県焼津市高崎
築城者 今川氏
築城年 天文6年(1537)
廃城年
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 花倉の乱で家督を継承した今川義元が基盤を固めるために重臣の関口氏録に花沢城を築かせたと考えられている。元亀元年(1570)の正月に武田信玄の軍勢が大原肥前守資良が守る花沢城を攻め落とし余勢を駆って徳一色城も攻略しているが、その後の花沢城が果たした役割はわからない。
花沢城 登山道入口 城址碑
主郭跡 主郭跡の土塁 石積み
堀切 堀切 花沢城からの眺望
 友人と今川氏の山城を中心とした城館探訪をしたが、その日の終わりに立ち寄ったのが花沢城で夕陽がオレンジ色に染まり出した時間帯だった。車で訪れたので助かったが焼津駅からはバスもなく徒歩だと相当に遠いだろう。遺構は手つかずで残っているが地質が脆く風化が進んでいるのと静岡県は温暖なため藪がひどい。正月というのに夏と変わらないような有り様だった。
 案内板も石碑も設置されているが藪に遮られてなかなか遺構に近づけないもどかしさがあった。立派な堀切と土塁があるので整備すれば見応えのありそうな山城だと思うが、正月とは思えないほどの木々の繁茂に辟易しながら遺構を見て回った。ある程度見終えたときにはかなり太陽が傾き美しい黄昏時の眺望が広がっていた。
JR東海道本線「焼津」下車 徒歩1時間
日本城郭大系/新人物往来社・花沢城跡案内板
2014/01/03