福島城
 
別 名 牧野原城・牧野城・金谷城・扇城
所在地 静岡県島田市菊川
築城者 武田勝頼
築城年 天正元年(1573)
廃城年 天正18年(1590)
現 状 山林
遺 構 郭・石積・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 国指定史跡
備 考 続日本100名城
評 価
三の郭跡 三日月堀
二の郭 空堀 二の郭 二の郭 馬出
主郭 空堀 主郭 主郭 石積
三の郭 土橋 井戸 大手郭 空堀
 
 最初に訪れたのは高校時代の旧友と一緒のときだった。青春18きっぷで東京駅から普通列車を乗り継いで訪れている。冬晴れの寒い日で帰宅してからは喉をやられてしばらく声が出なかった。二度目も正月の晴れた日だったが、それほどの寒さはなかったと記憶している。
 静岡県の城らしく茶畑になっていたが、国の史跡となり発掘調査が進み少しずつ整備されてきた。この城では自分が小さくなったような錯覚を覚えるぐらいに巨大な遺構が続く。こんな経験ができる城跡はそれほど多くないと思うし、地形図でも巨大な堀ははっきりわかる。武田勝頼の時代に築かれた城だが、現在まで残る遺構は徳川時代の改修を施されている。もう一度あの豪快な空堀を見てみたい。
 
JR東海道本線「金谷」下車 徒歩30分
 
2006/01/07・2012/01/02 日本城郭大系/新人物往来社
ふるさと古城の旅/海馬出版