別 名
所在地 静岡県焼津市石脇下
築城者 今川氏
築城年 室町時代
廃城年
現 状 大日堂
遺 構 郭・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 北条早雲は徒手空拳で成り上がった素浪人などではなく室町幕府の申次衆を務めた家柄の出身であり、その在世中に北条早雲と名乗ったことは一度もなく伊勢新九郎盛時が正しい名乗りである。妹の北川殿が今川義忠の正室となり早雲自身も客将として駿河に迎えられ文明5年(1473)頃に石脇城主となった。文明8年(1476)に今川義忠が遠江の国人衆の襲撃で討死すると跡目争いが起きた。義忠の嫡男龍王丸と義忠の従兄弟にあたる小鹿範満との争いで早雲は颯爽と登場し龍王丸の家督相続に貢献している。早雲は短期間だけ石脇城を居城として内紛鎮圧の功により興国寺城を与えられた。以上が早雲が駿河で雄飛する過程を描いた通説である。
石脇城 堀切 二の郭跡
腰曲輪 八幡曲輪跡の土塁 主郭跡
 正月に駿河今川氏の城を訪ねた。石脇城は小さな城だが北条早雲がはじめて城持ちとなったときの居城という伝承がある。早雲の素性や事跡については近年に新たな説が提起されているが通説に沿って石脇城を訪ねてみた。
 小高い丘なので登るのは苦ではない。主郭は大日堂が建ち特に見るべきものはなかったが二の郭は確かに城の郭という雰囲気を残している。八幡曲輪には土塁が残り堀切は散策路として使われている。早雲の出世譚の端緒となった記念すべき城であるが、これと言った特徴のない城跡だった。
JR東海道本線「焼津」下車 徒歩40分
日本城郭大系/新人物往来社・ふるさと古城の旅/海馬出版
2014/01/03