別 名
所在地 静岡県伊豆市本立野
築城者 畠山国清
築城年 正平16年/康安元年(1361)
廃城年 正平17年/貞治元年(1362)
現 状 山林
遺 構 郭・石積・土塁
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 修善寺城は畠山国清の乱とともに生まれ消えた山城である。南北朝時代に関東管領として権勢を集めた畠山国清は室町幕府の政争に敗れ失脚し伊豆で挙兵したが伊豆の土豪たちは呼応せず孤立した。国清は金山城と三津城で籠城したが鎌倉公方足利基氏の軍勢に敗れ修善寺城に立て籠もる。衆寡敵せずここでも敗れた国清は基氏に降伏しそのまま行方がわからなくなっている。
修善寺城 南尾根の曲輪跡 南曲輪跡の土塁
二の郭跡 主郭跡 主郭跡の井戸
主郭跡の石積み 主郭跡の石積み 修善寺城からの眺望
 修善寺は観光名所であり文豪が愛した街である。今の修善寺は時代から少し取り残された観光地といった印象を覚える。それが悪いということはまったくなく静かな散策が楽しめる素敵な街だった。美しい風景と静寂を楽しみたい日本文学の街に外国語の喧噪は似合わない。
 遺構がそれほどでもないために登るつもりはなかったが何度か目の前を通っているうちに一度登ってみようという気になった。狩野城へ訪れたついでに登ってみたが予想通り古い時代の山城であり特筆するような遺構は見られない。石積が随所に残るが当時の遺構か疑問で巨岩が並ぶのはロープウェーが建設されたときの名残りだろう。帰りは山道の途中に停めておいたオフロード自転車で下ったがこれが実に気分爽快だった。
伊豆箱根鉄道駿豆線「修善寺」下車 徒歩50分
日本城郭大系/新人物往来社・静岡の山城ベスト50を歩く/サンライズ出版
2012/06/01