福島城
 
別 名 今川範氏館
所在地 静岡県藤枝市花倉
築城者 今川範氏
築城年 正平9年/文和3年(1354)
廃城年 永禄11年(1568)
現 状 農地
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
現況
 
 今川氏のふるさとを訪ねてみた。遍照寺の東に花倉館は築かれていたが、今は一面の農地が広がるだけだった。遍照寺にある今川範氏の墓にも立ち寄ってみた。長慶寺には今川泰範の墓もある。やはりここは今川氏のふるさとという感じがした。
 今川範氏が葉梨荘を与えられたとき、南朝の勢力は依然くすぶっていた状況だった。やがてゲリラ活動も途絶え、範氏は花倉川が前面に流れる谷戸に居館を構え、周辺に家臣団の居館を配置し詰め城の花倉城を築いた。駿河府中に居館を移したあと、花倉館がどうなったかはわからないが、武田氏が駿河へ侵攻したときに花倉館は焼かれたと伝わっている。
 
JR東海道本線「西焼津」下車 静岡鉄道バス「西方」行で「中田」下車 徒歩20分
 
2014/01/03 日本城郭大系/新人物往来社
遍照寺案内板