別 名
所在地 静岡県駿東郡小山町竹之下
築城者 竹之下頼忠
築城年 鎌倉時代
廃城年
現 状 農地
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 竹之下氏は大森氏の一族という。鎌倉時代には足柄郷の領主だったことがわかる。古来より足柄は要衝であり建武2年(1336)には新田義貞と足利尊氏の軍勢が竹之下で戦っている。太平記は軍勢の数の誇張があるがここで30万を超える軍勢の激突があった。
 中学時代に林間学校でこのあたりを歩いた。アルバムには幼い顔をした自分が仲間たちと竹之下古戦場の石碑をバックにして写っている写真がある。30年ぶりに訪れた足柄の街はずいぶんと様変わりしていて駅前にはロータリーができてコンビニもあった。何もかもが変わっていたが足柄駅だけは昔のままだった。
 鎌倉時代の足柄を支配した竹之下孫八左衛門頼忠の屋敷があったとされる場所は刈入れの終わった水田があるだけだった。竹之下古戦場の石碑が建つ裏に伸びる台地が竹之下孫八左衛門屋敷だが案内板などは設置されていない。城館の遺構がないのは承知の上でありこの日は自分の少年時代の思い出を探すために来たようなものだった。足柄駅と周辺の山々を見ているだけで昔を思い出して切なくなった。
JR御殿場線「足柄」下車 徒歩5分
ふるさと古城の旅/海馬出版
2012/11/22