別 名
所在地 静岡県駿東郡小山町下古城
築城者 黒石玄蕃頭
築城年 戦国時代
廃城年 天正18年(1590)
現 状 農地
遺 構 土塁
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 案内板によれば戦国時代には北条氏の家臣黒石玄蕃頭が下古城の城主であり北条氏の滅亡により廃城となったという。
土塁 土塁 案内板と石祠
 少年時代に訪れた林間学校跡地から当時と同じ東名高速道路の跨線橋を渡った。とても懐かしい気持ちになったし周辺の風景も当時とあまり変わらないのが嬉しかった。そのときにもらった旅のしおりに足柄学園周辺の城という頁があった。当時から歴史は好きだったが名もない中世城館のことはすぐに忘れた。
 大人になり静岡県の城館調査目録を入手したとき久々に下古城と出会った。昔読んだ旅のしおりでは歴史も場所も不明と記されていたが30年の歳月を経てようやくその場所を探り当てた。城跡には古ぼけた案内板があり簡潔ながらも歴史が書き記されていた。場所がわかっただけでなく遺構がまだ残ることを確かめることもできたし周辺の砦についても位置がある程度把握できたのは収穫だった。自分の中で長い間ずっと幻の城だった下古城をやっと見つけた気持ちは子どもの頃と変わらない感動があった。
JR御殿場線「足柄」下車 徒歩30分
下古城跡案内板
2015/11/22