福島城
 
別 名 岡部城
所在地 静岡県藤枝市仮宿
築城者 岡部氏
築城年 室町時代
廃城年
現 状 朝日稲荷神社
遺 構 郭・石積・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定 藤枝市指定史跡
備 考
評 価
主郭 土塁
遠景 南曲輪 石積
 
 駿河岡部氏は藤原氏流工藤氏の末裔を称している。従って岡部六弥太を出した武蔵の岡部氏とはまったく異なる家系となる。江戸時代に岸和田藩主となるのは駿河岡部氏の後裔である。桶狭間の戦いで鳴海城を守り、今川義元の首と引換えに城を明け渡した岡部元信は有名だ。
 朝日山城は岡部氏により築かれたとされる。麓にある朝日稲荷神社への参道の脇に朝日山城の標柱がある。遺構としては主郭の土塁がよく残されているが、他の郭は茶畑として利用されているために今ひとつという印象だった。
 岡部元信は今川氏が滅亡すると武田氏に仕えたが、このときも武田勝頼に忠義を尽くして高天神城を守り最後まで勇敢に戦った。戦国時代には珍しいほどの忠誠心を持った武将だった。だからこそ徳川家康もその子孫を大名にまで取り立てたのだろう。
 
JR東海道本線「焼津」下車 しずてつバス「岡部営業所」行で「岡部支所前」下車 徒歩30分
 
2014/01/03 日本城郭大系/新人物往来社
朝日山城跡案内板