別 名
所在地 静岡県駿東郡小山町藤曲
築城者 藤曲忠季
築城年 文安元年(1444)
廃城年
現 状 延命寺地蔵堂・宅地
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 藤曲村の歴史は古く建久4年(1193)に富士の巻狩りを行った源頼朝がこの地に立ち寄ったという。藤曲氏は大森氏の一族であり大森頼忠の三男忠季が藤曲左衛門尉と名乗ったことに始まるとされる。大森頼忠は竹之下孫八左衛門頼忠と同一人物とも考えられている人であり系図によっては忠季は次男とするものもあるが、大森氏の系図や出自は必ずしも明らかとなってはいない。
 JR御殿場線の駿河小山駅から北西に歩くと藤曲集落へ着く。藤曲氏の屋敷跡は民家が建ち並び遺構は失われていたが今も藤曲姓の人たちが暮らしている。延命寺地蔵尊堂の案内板には藤曲氏の歴史が紹介されていた。
JR御殿場線「駿河小山」下車 徒歩40分
静岡県の中世城館
2012/11/22