福島城
 
別 名
所在地 静岡県焼津市方ノ上
築城者 今川氏親
築城年 明応2年(1493)
廃城年
現 状 山林
遺 構 郭・石積・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
主郭
遠景 堀切 堀切
石積 三の郭 土塁 眺望
 
 高草山から派生する尾根に築かれた山城で西麓に案内標識と地図があるが簡略化され過ぎて逆に迷った。車道の突き当りまでは車を利用して方ノ上城の道標がある山道から登ったが、かなり傾斜がきつい道で崩れやすい斜面だった。この日登った山城はここで3つ目であり、途中からは息が上がってしまった。
 今川氏の家督争いから始まった花倉合戦で今川義元を擁立した岡部勢が方ノ上城を攻め落としている。義元が後継者となった後も使われたのかはわからないが、義元が東海に広く領地を広げた時代はもう必要がなくなったと思うし、他勢力に改修されたようにも見えない。
 正月だったが山頂はチョウが飛び交うほどの暖かさで、登り終えたあとは上着とシャツを脱いだほどだった。汗だくになった体に吹き抜ける風が心地良かったのと、眼下に見る駿河湾の眺望が格別だった。
 
JR東海道本線「焼津」下車 しずてつバス「岡部営業所」行で「関方」下車 徒歩25分
 
2014/01/03 日本城郭大系/新人物往来社