福島城
 
別 名
所在地 静岡県静岡市駿河区八幡山
築城者 今川範政
築城年 応永18年(1411)
廃城年 天正18年(1590)
現 状 八幡山公園
遺 構 郭・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
主郭
遠景 段郭 主郭
 
 静岡駅からはそれほど遠くなかったが、八幡山城へ向かう細い道は交通量が多くて歩くのが嫌だった。小高い山ですぐに山頂へ着く。公園にされている関係で遺構ははっきりとせず主郭にはタンクが建設されている。石碑と案内板があるので満足感は得られた。
 あっさりとした城だが歴史は充実している。今川義忠が討死した後に起きた今川氏の家督争いで鎌倉から派遣された太田道灌が八幡山城に布陣し北条早雲も八幡山城を修築して在城している。徳川家康が関東へ移封されるまで八幡山城は存続していたので、駿府を一望できるその地形がその時の支配者に重視されたのだろうと思う。
 
JR新幹線・東海道本線・静岡鉄道「静岡」下車 徒歩20分
 
1999/04/30・2011/02/03 日本城郭大系/新人物往来社