別 名
所在地 静岡県伊東市大原
築城者 伊東祐隆
築城年 平安時代末期
廃城年
現 状 物見塚公園
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 伊東氏の先祖は藤原氏で工藤氏の分かれである。この一族は平安時代末期から大いに栄え河津三郎や曾我兄弟も同じ血が流れている。伊東祐親は源氏の家人だったが平治の乱で源義朝が敗れたあとは、時代の流れに抗うことなく平清盛に従い伊豆に流された源頼朝の監視役を任された。頼朝は祐親の娘を娶ったが帰国してそれを知った祐親は激怒して自分の孫を池に投げ込んで殺した。頼朝も捕えて成敗しようとしたから相当に我が身の危険を感じたのだと思う。
 伊豆の豪族の中で最も栄えたのは伊東氏と思う。その繁栄を極めた伊東氏の居館はどこにあったのかわからなくなっていた。有力な比定地は伊東市役所のある丘で隣接する物見塚公園には騎馬武者姿の伊東祐親の銅像が建っている。物見が丘の他にも馬場や竹ノ内という古い地名が残されていた場所なので居館があったのはここと考えて差し支えないと思う。伊東駅からここまではタクシーを利用したが帰りは駅まで歩いて帰った。やや時代に取り残された感じがするような温泉街が自分にはとても風情が感じられて好ましく思えた。
JR伊東線・伊豆急行「伊東」下車 徒歩20分
日本城郭大系/新人物往来社
2002/09/21